Organaization 研究組織

A03-1 配偶子のゲノムモダリティと疾患

哺乳類の精子は、ヒストンから構成されるヌクレオソーム構造とプロタミンから構成される非ヌクレオソーム構造が混在したユニークなクロマチン構造をとる。精子のクロマチン構造は妊孕性の有無と直結し、さらには次世代への影響も示唆されるが、体細胞のクロマチン構造研究に比較して、その進捗は著しく立ち遅れている。当計画班は、DNA 物性の観点から、精子クロマチンの構造をナノスケールからゲノムスケール、さらには細胞機能や疾患病態解明にまで結びつけることで、従来の学術枠で成し得なかった新たな「精子学」を展開することを目標とする。具体的には、①再構成技術とシミュレーションにより、精子クロマチンの局所構造を明らかにする、②シークエンスにより精子核内染色体配置を明らかにし、種間比較によりその生物学意義を探る、③プロタミン凝縮異常を定量化し、男性不妊症の理解に繋げる、の 3 つを重点項目とする。


研究組織一覧へ