Organaization 研究組織

エピゲノムの修飾密度と分子内相互作用による転写バースト形成の再構成的理解

細胞核内において液体や固体の超分子凝縮体を形成するヌクレオソームのエピゲノム修飾は、遺伝子転写の駆動力の一端を担っている。しかし、ヌクレオソームレベルで特定のエピゲノム修飾が遺伝子転写に果たす意義を再構成的に理解する研究はあまり進んでいない。本研究では、転写バーストやスーパーエンハンサーなどの転写のスイッチ機構を再現できる試験管内再構成系の確立を通して、ヒトのエピゲノム転写の様相を構成的に理解することをめざす。


  • 梅原 崇史

    梅原 崇史 研究代表者

    所属
    理化学研究所 生命機能科学研究センター
    研究室HP
    https://researchmap.jp/ume
研究組織一覧へ