Organaization 研究組織

ミスマッチ修復におけるゲノムモダリティの構造生物学的解明

SMARCAD1はSNF2-likeファミリーに属するクロマチンリモデラーであり、ミスマッチセンサーと共にミスマッチ塩基周辺のヌクレオソームを広範囲に渡り除去し、修復酵素がアクセス可能な裸のDNAを形成するがその作用機序は不明な点が多い。本研究ではSMARCAD1のヘリカーゼドメインの結晶構造解析を行うと共に、センサーやヌクレオソームとの複合体を再構成し、X線小角散乱やクライオ電子顕微鏡によりその動的挙動を調べることで、ミスマッチ修復におけるゲノムモダリティの構造生物学的解明を目指します。


研究組織一覧へ