Organaization 研究組織

精子クロマチンの物性変化や核形態変化へのアクロソームと核膜孔の役割の解明

ゴルジ体を用いたタンパク質分解機構(GOMED)に関与するGomed-1遺伝子を欠損したマウスでは、雄性不妊を呈する。このマウスの精子形成時を観察すると、アクロソームや核膜に異常がみられ、その後のクロマチン凝集や精子核の形態変化が不完全となっていた。本研究ではアクロソームや核膜孔の変化が精子形成時におきるクロマチン凝集および核の形態変化をどのように制御しているのか、その役割を明らかにする。


研究組織一覧へ