Organaization 研究組織

細胞周期が司る葉緑体核様体の固体ー液体相転移の分子機構を探る

葉緑体にも染色体がある。それは葉緑体独自のゲノム(chloroplast (cp) DNA) と多様なタンパク質群の複合体であり「葉緑体核様体」とよばれる。葉緑体核様体は、細胞周期、光や栄養などの環境に応じてその形態を柔軟に変化させながら、cpDNA複製・修復、遺伝子発現、遺伝などで重要な役割を果たしている。葉緑体核様体は、通常は「固体」の球状構造をとるが、葉緑体分裂に先立って「液体」化して葉緑体全体に拡散し、分裂完了後ふたたび「固体」に戻る。本研究では、葉緑体型Holliday junction resolvaseやDNA ligaseに注目することで、葉緑体核様体の可逆的な「固体―液体」相転移の意義や分子機構を明らかにすることを目指す。


研究組織一覧へ